看護部の部署・看護体制のご案内

部署のご案内

外来

内科(循環器・消化器・呼吸器・内分泌)整形外科の患者様を中心とした診療を行っております。患者様には高齢者が多く病気の種類も多様化しております。そのような患者様に対応して行くためにも、多職種や在宅事業所との患者様情報を共有するためITを活用し継続した看護を行っています。
また、外来患者様が当院に入院し、退院された場合は、必要に応じて、退院後に自宅や施設に看護師が出向き、退院後の体調確認をさせて頂いております。


  

一般病棟 (3階 59床)<地域包括ケア病床含む>

ご自宅や施設入所中から緊急入院された患者様、急性期病院での治療(骨折、手術、肺炎等)を終えた後、すぐにご自宅や施設へ移行するには不安のある患者様に対して診療、看護、リハビリテーションの提供や在宅サービスの調整を行いご自宅や施設に安心して戻る事が出来るようにお手伝いをいたします。
在宅復帰をスムーズにするため医師、看護師、リハビリスタッフ、医療ソーシャルワーカー等様々な職種が連携し必要時には退院後にご自宅まで伺い退院後の状況も見守らせて頂いております。


回復期リハビリテーション病棟 (4階 60床)

脳血管疾患、運動器疾患、その他の疾患により全身の機能が低下した患者様に対して日常生活動作の向上と在宅復帰を目的としたリハビリテーションプログラムを医師、看護師、介護福祉士、リハビリスタッフ、医療ソーシャルワーカー、管理栄養士、歯科衛生士が協働して作成し、これに基づくリハビリテーションを集中的に行う病棟です。
それぞれの職種が連携を組み、患者様の入院生活を支え一日も早く社会復帰、在宅復帰が出来るよう土曜、日曜、祝日もリハビリができる体制で取り組んでいます。


  

介護療養病棟 (5階 60床)

一般病棟イメージ   

要介護認定を受けられた方が、医学的管理のもと長期療養生活を送る病棟となっております。
リハビリスタッフによる機能訓練や療養しながら生活する楽しみを増やす工夫として、毎月1回の地域ボランティアによるレクリエーションを取り入れております。また患者様の尊厳を尊重し、看取りやターミナルケアも行っております。さらに、近隣町会や施設等でボランティア活動に取り組んでおり、出前講座、家族会等も開催しております。


  

口腔機能に対する取組

常勤している歯科衛生士により、すべての入院患者様に口腔内スクリーニングを行い、医師・歯科医師・看護師・管理栄養士・リハビリスタッフと連携のもと、口腔機能の維持・向上・改善を図るための取り組みを行っています。


▲ 上に戻る

看護体制のご案内

入院基本料および看護職員配置数状況

  • 一般病棟(急性期一般入院料4)10:1看護体制
    (※ 地域包括ケア入院医療管理科1[29床])
  • 回復期リハビリテーション病棟(Ⅰ)  13:1看護体制
  • 介護療養病棟  30:1看護体制

勤務時間・体制

  • リフレッシュ休暇は5日間(有給休暇と別に付与)
  • 院外研修は研修費を支給します。
病棟部門

1日7.25時間2交替勤務

区分始業時間~終業時間
日勤8:45〜17:00
夜勤16:45〜9:00
早出7:20〜15:35
遅出11:45〜20:00
外来部門

月曜〜金曜日は日勤

【月曜〜金曜日】
区分始業時間~終業時間
日勤8:45〜17:00
【土曜日】
区分始業時間~終業時間
日勤8:45〜12:15